ぐったりと横になっている円佳の顔にいきり立っている遮断機を近づける。




円佳の右手を取って遮断機を触らせた。



半身を起こして袋の方から上へと慣れた手つきで触ってきた。




『はうっ!あぁ…気持ちいい!!』




俺の反応を楽しむかのように気持ち良さそうな所を刺激してきた。

image


『舐めてもらってもいい?』



『いいよ!!』




円佳は身体を起こすと四つん這いになって遮断機をバキュームしてくれた。




つづく